<< 昔の戦国武将はスゴイなぁ・・・シリーズ | main |
0
    「栄冠は君に輝く」フェアプレー精神の根源
    皆様こんにちは!

    さて、9月になりましたがまだまだ残暑厳しいです!
    引き続き暑さ対策しっかりとしましょう!!

    先月の事ですが、令和になって初めての夏の甲子園は大阪代表の履正社が優勝しました。
    一通り試合が終わった後、色々な記事を見ていると
    毎年いくつかあるそうなんですが、今年はフェアプレーが本当に多かったそうです。

    花咲徳栄(菅原選手)の死球辞退しその後本塁打を打ったプレイ
    仙台育英(小濃選手)が星稜(萩野選手)の手首がつりかけた時にマウンドに駆け寄りスポーツドリンクを渡したプレイ
    星稜(奥川投手)が延長11回高温と熱投による疲労で右足が痙攣した時、智弁和歌山(黒川選手)が熱中症防止の漢方薬を渡したプレイ・・・

    対戦中の相手選手に対しての心遣いが現れたプレイの数々。
    このどのプレイも動画配信で見ることができるが、お互いの選手達、観客、監督も笑顔があふれていた。
    私はこの動画を見たときに胸が熱くなり、本当に日本人で良かったと改めて思った。
    惜しみなく満場の拍手が送られ、試合後のインタビューで仙台育英の須江監督が以下のように語った
    「同じ野球が好きな者同士じゃないですか、以前私達も試合中に死球を受けた選手に相手チームの選手が冷却スプレーをかけてくれた事がありました。今度こういう事があったら我々も行こう!と話した事はあった。グラウンドに敵はいません。(小濃選手は)行けと言ってません。気づいたら向かっていました。」
    この試合で仙台育英は負けましたが、なんと清々しいチームなんだろうと感じた。
    高校野球審判規則委員長の窪田氏の言葉を抜粋する。
    「甲子園に出場するチームも地区大会を戦うチームも皆、目標は同じ。そして野球が好きなんです。毎日一所懸命努力している。マナーを守り、お互いを尊重しフェアプレーの精神で戦って欲しい。また、それを応援する人たちも選手達を分け隔てなく見守って欲しい。そこに感動が生まれるのだと信じている。」
    データや表面だけでは計り知れない努力を積んで選手達は全国の頂点を目指している。その姿を知る人であれば、もしくは野球が本当に好きな人であれば選手を馬鹿にしたり心無い言葉を投げかける人はいない。
    スポーツ全般に言える事だが、選手達も必死で頑張っているはずである。ファンであるならその選手を応援こそすれ心無い言葉を投げかけるのはやめよう。その軽率無知な言葉が選手だけでなく周りの人間をも不快にする。
    自分も必死に応援していれば、選手の感動のプレイに自分も感動する事ができるのではないだろうか。
    | - | 20:12 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE