<< 本当にあった怖い話 | main | 昔の戦国武将はスゴイなぁ・・・シリーズ >>
0
    方針書から見る金言
    皆様こんにちは!

    シリーズ「方針書から見る金言」第三弾は
    山本周五郎先生です。
    この方、前の2名に比べてあまり私自身知らなかったので色々と調べてみました。
    すると良い言葉をたくさん見つけましたのでご紹介いたします。
    /誉犬鰐妓造龍儀韻頬ち溢れている。しかし、どの一つとってみても万人にあてはまるものはないのだ。それを教訓にするかどうかはあなた自身の選択にかかっている。まさに名言ですね!色々な人からありがたい話を聞いたり、また書物を読んでもそれを鵜呑みにしても意味はありません。自分の現状、自分の性格・性質・人生に照らして「これ!」という物を選ぶ事が大切なんです。
    ⊃祐屬歪柑劼領匹せは、自分の事しか考えない。自分に不運がまわってきて人にも世間にも捨てられ、その日その日の苦労をするようになると、はじめて他人のことも考え、見るもの聞くものが身にしみるようになる。
    山本先生は言います。地位や名誉を得、莫大な富を手に入れると目は曇り自分の事しか考えなくなってしまうものだと。自分が何もかも無くした時に優しくしてくれる人・・・本当の意味での「友」はあなたの周りにいますか?
    この世で生きてゆくということは、損得勘定じゃあない。短い一生なんだ、自分の生きたいように生きるほうがいい。あなたは何かに我慢してませんか?悩んでませんか?一旦心をフラットにしてみませんか。損得勘定を無くして自分の一生を俯瞰した時。新しい道が見えてくるかもしれません。その道こそ明るいあなたの本当の道なのかもしれないですね。

    こうして見てみると当社の方針書で取り上げている方々は本当に素晴らしい人ばかりですね!
    とても勉強になりました!!
    | - | 07:35 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE