<< 方針書から見る金言 | main |
0
    本当にあった怖い話
    皆様こんにちは!!
    先月は新しい仲間の話をしましたが、皆さんの会社でも新入社員が入られた所も多かったのではないでしょうか?
    しかし、少子高齢化はどんどんと進行しており、人手が欲しくても中々来てくれないと嘆いている人も多いのが現状・・・
    そんな中、2015年から2016年にかけて実際にあった「アリのマークの引っ越し社」の騒動をご紹介します。
    訴えを起こしたのは30代後半の男性社員です。男性は営業として入社後、関東で営業成績を2度表彰される程頑張っていました。ところが、長時間勤務が原因で事故を起こすとペナルティと称して約50万円の弁償金を会社より天引きされ、それに対して未払いの残業代を請求する訴えを起こした所、ずっと一日立ったままシュレッダーをかけるだけの「シュレッダー係」にされました。彼はその後、社外労働組合に相談し、裁判となりました。
    会社側(副社長)はあくまで男性社員の素行(遅刻等や事故後の態度)に問題があり、それに対しての然るべき対応であり断じて懲罰ではないと法廷で証言しましたが、裁判官から
    「あなたがシュレッダー係に行けと言われたら?」「無期限でシュレッダー係をやらされたり、会社の全支店に男性を中傷するようなチラシを貼ったりするのは制裁と言われても弁解は難しいのでは」と言われて返す言葉が無かったそうです。
    人間と人間との繋がりで社会は成り立っています。
    この話には他にも色々な背景があるのですが、それはまた皆様が調べてみてください。
    なお、くだんの副社長の動画等がインターネット上で上がっていた時もありました。
    こうなってしまうと企業イメージは悪くなってしまいますね
    社内も社外もクリーンに明るく仕事できると良いですね!


    あなたがそれをやれと言われて嫌な事をやらせてませんか?

    あなたはその人がそれをやり続ける事でどんな心の苦しみを受けるか考えた事がありますか?

    あなたの行動が周りをどんな気持ちにさせているのか考えた事はありますか?
    | - | 19:28 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE